双子の教育費について

まいどー双子とーちゃんです

我が家の双子はまだ5歳、もう5歳なのですが、将来的な教育費を考えると

同時に必要な分、計画的に蓄えていかなければ

本人達のやりたいことをやらせてあげられなくなります

教育費はしっかりかけていきたい

ということは妻と合意しています(何度か家族会議をしてます)

そんな我が家の教育資金捻出計画

(適宜変更するかもしれませんので現在進行中分)について

考え方具体的な内容をご紹介したいと思います<Copyright © いらすとや

双子のご両親はもちろん

年子や2人以上の兄弟姉妹のおられるご家庭の参考になればと思います

前提

我が家は1馬力で、私が主に会社員で稼ぎに出ています

妻は専業主婦で、双子が小学校にあがるくらいで軽くバイト程度の仕事をするかどうか?

先々にはそんな思いが妻にはあるようです

持ち家で住宅ローンがあり、車を昨年買い替えたので車のローンも残っている状態です

私はこれ!といった趣味があるわけではなく浪費も少なめな方です

妻はGENERATIONSが大好きで、LiveやCD・DVDはしっかりチェックしています

ただブランド物とかはそんなに興味ないそうで

普段は質素倹約のようなタイプです

2人で話し合うことが大事

当たり前ですが、前提条件のある中でそれぞれ夫婦が双子に対してどのような思いがあり

どのように育ってほしいかという思いをすり合わせる必要はあると思います

どこのご家庭も話し合いはされていると思いますが

我が家も教育方針のような話し合いは適宜行っています

  • なるべく自分のやりたいこをさせてあげたい
  • 小さいうちは本人の興味の幅が広がるようにいろんな経験をさせてあげたい
  • 教育費は惜しみなく用意してあげたい
  • 習い事は運動系に偏らずお勉強系に偏らずバランスをとりたい

簡潔にまとめると「自主自律」を基本に、進みたい道に進めるような支援はしてあげたい

こんな感じだと思います

具体的な教育費捻出方法

  • 貯金
  • 学資保険
  • ジュニアNISA(つみたてNISA)

今は基本3本柱で組んでいます

皆さんどうされてるんでしょうね~

貯金

10,000円/月 × 12か月 × 2人 = 240,000円/年

これがベースです

キャッシュはやはりいざというときに必要な場合もありますので、

安全資産という意味では必要なのだと思います

お年玉やお祝いでいただく資金も+αとしてここに足していってる感じです

しばらく寝かせることになるので、定期預金などに放り込むのも手かもしれませんが

対して増えないわりに縛りが煩わしくて入れていません。

代わりに以前ご紹介したマネーコネクトの効果で普通預金金利が0.001%→0.1%になる

auじぶん銀行にまとめて預金しています

学資保険

オリックス生命の終身保険 = 約240,000円/年

こども手当分をここに当てに行ってる状態です

死亡保障が6,000,000円ほどなので途中で私が逝ってしまったときの分ですね

正直死ななければこの保険は不要だなと思ってるのですが…

(情弱時代に契約してしまったやつです)

もしもの分を兼ねているので辞められずにこのままいくつもりです

ジュニアNISA

それぞれの口座で約480,000円/年 = 約960,000円/年

この計画の肝ですね。

ジュニアNISAの制度改革が昨年あったかと思います

流動性があがるとのことで娘を楽天証券で、息子をSBI証券でそれぞれつくりました

こんな大金を捻出できるほど月々の余裕はないので

住宅ローン控除で還付受ける分

先にあげた貯金分を一時的にジュニアNISAに投入し

さらに足らず分を家計からなんとか捻出してやりくりしています

娘は
eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)一択
息子は
●SBI・V・S&P500インデックスファンド
●AGG(米国総合債券市場)
●VYM(米国高配当株ETF)
で組み合わせました

少し自分の勉強もかねて分けたところはあります

最終的に息子のETFは一部残し

社会人デビューと同時にあげようかと考えてます(教育の意味で)

自分が小さいころからかけるとどんな効果があるかを実績で知らしめるのによいかと

今時点でこれは失敗だった(この教育は別の形でよかった)というのが結論なのですが(笑)

成績については別記事起こしたいと考えています

ジュニアNISAは投資上限が800,000万円/年なので

1口座にまとめるのも手だったかもしれません

リスクヘッジを兼ねて分けるという選択肢にしました

(何言ってっかわかんねーよって方、ぜひ両学長覗いてみてください。おススメは以下↓)

第53回 教育資金(学費)を準備するのにおすすめのつみたてNISAファンド3選【株式投資編】

(つみたてNISA)

妻の証券口座で360,000/年

元々つみたてNISAの方が先にスタートしており、こちらを軸にしていました

ジュニアNISAの改正がありシフトしました

ただ、老後2000万円問題のように教育資金とは別に使えるという意味で

そのまま継続しています

他の3本柱の状況をみて、こちらからの捻出もできるようにしたいと考えています

投資抜きでは教育費捻出は厳しい

個人的にはこのように感じています

インフレ率も考慮すると貯金と保険だけではどうしてもパワー不足

ある程度のまとまった金額を作り出すには

投資を組み入れる方が得策と判断しました

2020年はコロナショックによる乱高下で非常にパフォーマンスも良く好調です

おおむねインデックス投資ですので

短期の上げ下げに左右されてはいけませんが

それでも早く始めることで株式市場の恩恵を受けられているのは事実です

他の人の参考になること、インデックス投資!

実際に自分がやってみて感じたのはインデックス投資である投資信託への拠出は

最強

ということ

機械的に毎月一定額を市場がどう荒れようが注ぎ込み続けることで勝率はぐんと上がる

身をもってこのことを感じます

高配当株やETFを組むとそれだけ振れ幅が増えるので

投資に抵抗感のある人にはあまりお勧めできないと感じます

ただそれでもある程度のリスクを視野に入れることは重要だと思いますので、

そもそも投資をしたことがない人はインデックス投資とはなんぞや?ということに

興味をもつところからスタートされてはいかがでしょう?

最後に

我が家の双子にかける将来の教育費は約150万円(120万円)/年

つまり1人あたり60~75万円/年です

これが多いのか少ないのかはわかりませんが、計画としては双子が17歳になる頃に

合計約2000万円ほどになる算段です。

医学部にもぎりぎり入れてあげられるかしら…(笑)

なかなか教育費なんて人様と話すことないですよね

FPに相談しても保険売られる口実になったりしますし

こういう人もいるっていう参考になれば良いかと思います。

もう少し具体的な運用状況などは別記事にしますので

ご興味ある方はそちらをお待ちください

それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました