Awareness(気づき)の重要性

営業・心理学・考え方
Image by Michal Jarmoluk from Pixabay

まいどー双子とーちゃんです

大学の時は心理学を専攻していたのですが、その際にまじめに授業を受けていたのもあり

ずっと印象に残っているのが今日のテーマです

経験論的な部分を中心ですので、学術的内容はやんわりしてますのでゆるくご覧ください

気づき”です。好きな言葉です

人が“気づく”瞬間も好きです

どれくらいのことに“気づけ”るかそんなお話です

気づきの重要性

心理療法の一つとして有名なのだと思いますが

普段の生活で意識を向けることで役立つと感じています

気づく(≒認識する)ことで行動も言動も変わります

変化が起きます。それもたいてい良い方向に(と、私は思います)

誰かが教えてくれるわけではないです

あくまでも自分の内側に“元々あった何か”が沸き上がるように認知される瞬間

自分自身で気づくので、受け入れるスピードも早いです

変化のきっかけとなるのが“気づき”の最大の効果だと私は感じています

たしか認知心理学だったような

フロイトだかユングだかの有名な「無意識の意識化」とかも好きなんですよね

潜在意識を顕在化させるという精神の過程というか

ちょっと仏教的要素に近い感じもしますね

自分で“気づく”ことがなにより必要

気づくきっかけとしては誰かの意見を聞いたり

何かを見たりすることが多いと思われます

ただ、気づく(そのことにピーンとくる)のは自分の中に引っかかる元々の何かがないと

そこに辿り着けません

例えば勉強をしていて「何がわからないのかもわからない状態」だとします

反復して問題を解いていくうちに、よく間違える箇所に“気づい”たり

解き方のパターンに“気づい”たりすることがあります

この「あ!そうか!」とほぼ同じです

先生に教えてもらって理解したとしても、1人でやってみると解けないことが凡人には多いです

何度も解いているうちに自分で気づけるとその衝撃のお陰かなかなか忘れないです

自分で気づくためには“アンテナ”を張る必要性

気づくためには意識を常に飛ばすようなイメージでしょうか

常日頃から拾い上げるように自分の興味関心の幅にアンテナを張っておかなければなりません

無意識の中でも気づきが生まれることもあると思いますが

アンテナを張るイメージをもつことでより気づく可能性・確率が上がります

情報感度の高い人ほど自分に関連すると認識しており興味関心の幅が広いため

気づきを得られるタイミングも多いのだと感じます

気を張り詰めるというわけではなく、自分事のように感じる癖付けに近いと思います

自分の中にあるものと結びつくので、まずは自分の中に取り入れる必要があります

取り入れたものがその瞬間に気づかないことも多いです

むしろ違うきっかけに出会うまで潜在化してるような認識です(これはあくまで個人の意見です)

ふとしたきっかけでつながるような感覚、「あっ!」っていう閃きのような感じですね

大小様々あると思いますが自分の中での話なので気にしなくてよいのです

アンテナ+普段から考える癖

これもかなり営業1、2年目の時に言われましたね~(いい会社に入ってたんだな~(笑))

自分で考える癖ですが、「なぜ自社品がその仕様を採用しているのか?」

「お客様にとってなぜおススメできるのか?」

「自分の言葉で説明できるように考える」

こんなことをよく言われていました

製品力の強いメーカーだったので、ことさら自分の中で腹落ちしていないと

お客様に伝わらないっていうことだったのかと思います

気づきの部分でも同じことが言えると思います

アンテナ張っていても普段から自分自身で考えていないと気づきに結びつきにくいのですよね

いつか気づくのかもしれませんが、ずっと潜在化していってしまうのかもです

気づくきっかけは人それぞれ

私の場合はいろんなことで気づきます

人と話していたり、映画や本を読んでいたり、最近はYoutubeでの気づきも多いです

営業1、2年目のときに当時の先輩にアンテナを張る癖付けをしていただいたお陰だと思います

もう最近はマンガからもたくさんの気づきをいただいてます

だからマンガが好きなのかもしれません(笑)

つい最近では「アオアシ」で出ていた「言語化」というワードにビビッと気づかされました

普段の営業でも大事なワードだな~と感じた次第です

(速攻使ったら教えてくれた同僚の人に笑われましたけど)

人に気づきを与えられるような人になりたい

めちゃくちゃ願望みたいになってます(笑)

普段貴方の周りにもいませんか?

この人と話すと新しい発見がある、みたいな人

相性とかもあると思いますが、意識的に相手に気づかせるように話してくれている人もいます

そういう人の側にいると元気や活力が湧きますし明らかにプラスだと思うんですよね

新しい発見は“知らないことを知る”ではなく“気づく”方ですよ。「あっ!そうか」みたいな

何気ない会話で相手が勝手に気づいてくれたらこちらも嬉しくなります

もっといろんな角度で話せるよう知見を増やそうと思えますしね

なんだか抽象的で日記みたいになってしまいましたが

まぁ私の人となりが伝われば幸いです(笑)

あくまで一般人の意見なのでこれをきっかけに気になる人は勉強してみてください

“気づき”の重要性、共感いただけたら幸いです

今日はこれで。それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました